アロエ通信

東京、上野・御徒町にある化粧品と食品を取り扱う小さな会社・PLC日本予防医学センター研究所のスタッフのブログです 商品のこと、仕事のこと、プライベートetc スローガンは”食べて、予防して、心ゆくまでの人生をたのしむために” よろしくお付き合いくださいませ

2013年07月


昔からアロエベラの効果は広く知られています
アロエベラに含まれる糖タンパクに、炎症を抑える作用があることが確認されています

 アロエベラの殺菌作用
 細菌が作り出す毒素を中和する働き
 血を止める働き
 
炎症をしずめる働きのほか、アロエベラにはこうしたいろいろな働きが協力します


その協力で、アロエベラはすり傷、切り傷、虫刺されになどの手当てに威力を発揮するのです
傷の治りが早く、あとも残りません


ビタミンC、多糖体、糖タンパクといった成分がDNAの合成を高め、
新しい細胞がスムーズにつくられる
                                    
新しい細胞がスムーズにつくられるために傷の治りが早く、あとも残らず、
元の皮膚の状態に早く戻るのです


人間のカラダもすごいですが、アロエベラのチカラもすごいですよ


そんなアロエベラがたっぷりつまったスキンローション
ぜひ、お試しくださいませ


Img39189

こちらからご購入いただけます






スタッフB


JR秋葉原駅横の高架下、UDXの向かいに「ちゃばら」が7月5日にオープンしました
マスコミもたくさん取材に訪れていましたね

各地の特産品など選りすぐりの食品を販売するほか、
生産者と消費者が直に繋がる場としてイベントなども行うそうです

ちゃばらは、1989年まで付近にあった神田青果市場の通称“やっちゃば”と
地名の“あきはばら”を掛け合わせた造語

ちゃばらのテーマは「日本の食」で、各地の食品を厳選して集めた
とっても楽しいお店がたくさんです

デイリーフーズも長野のブースに出店しています
ぜひぜひ、お立ち寄りを~


2954_2

2954_1___



スタッフB



キッチン・ウィンドーシル・プラント
って、聞いたことありますか~

直訳すると台所の窓台に置く植物

アメリカ人はアロエベラをこう呼び、大切にしています
家族に何かがあったとき、お母さんがさっと簡単な治療をするため
に使っているのです。
家庭の救急常備薬というわけです。

医師にかかるほどではないちょっとした怪我や病気にアロエベラを使います
アロエベラに副作用や毒性があればお母さんが使うことも
キッチン・ウィンドーシル・プラントになることもありえません。

実際の研究からも、アロエベラには副作用と呼ぶほどの副作用がないこと、
毒性のないことは科学的に証明されています


家族のためにも安心で安全なものを使いたいですよね

ご家族みなさんでぜひお使いください


ALOEMI(アロエスキンローション)

無農薬栽培で育てられたアロエベラだけを丁寧に搾って
作られたスキンローションです。
水を1滴も加えていないので、アロエベラの持つ力が
ギュッと詰まっています。

Img39189

こちらからご注文いただけます


ご注文お待ちしております


スタッフB

このページのトップヘ